Oh my godは言ってはいけない!?その理由と言い換え表現【音声お手本付】

スポンサーリンク

「何てこった!」「どうしよう!」という時にネイティブが使う”Oh my god!”.海外の映画やテレビドラマなどでもよく耳にする言葉ですよね。最近の若者言葉では「OMG」と略されることも。英語を話すことに慣れてきたノンネイティブも、つい口から出るフレーズなのではないでしょうか。しかし実は、”Oh my god”は本来あまり使うべきフレーズではないというのです。

それはどうして?代わりに使えるフレーズはあるの?今回は”Oh my god!”についてのお話です。

Oh my godはどんな時に使うの?

“Oh my god!”は驚いたときや焦っているときなど、色んなところで使えるフレーズです。どういったときにどういうニュアンスで使われるのか、いくつか例を出してみます。

「あらやだ!」

【例1】
A:Oh my god!
(あらやだ!)

B:What happened?
(どうしたの?)

A:I dropped a cup and broke it.
(カップを落として割っちゃった。)

本当に!?マジで!?

【例2】
A:Actually Andy and I are dating.
(実はアンディとつき合ってるの。)

B:Oh my god! I’m so happy for you!
(本当に!?良かったわね!)

嘘でしょ!?まさか!

【例3】
A:Excuse me. Are you Jessica?(すみません。ジェシカさんですか?)

B:Oh my god! Emily! Why are you here?(嘘でしょ!?エミリー!どうしてここに?)

どうしよう!

【例4】
Oh my god! Where’s my wallet? I might have lost it somewhere.
(どうしよう!財布はどこ?どこかで落としてきたのかもしれないわ。)

やばいよやばいよ!

【例5】
A:Oh my god! Oh my god! You won’t believe me!
(ちょっとちょっと!聞いてくれよ!)

B:What happened?
(どうしたの?)

A:I’m getting promoted next month!
(来月昇格するんだ!)

B:Oh my god! Congratulations!
(マジで!?おめでとう!)

うわぁ!

Oh my god! This chocolate cake is really delicious.
(うわぁ!このチョコレートケーキ、めちゃくちゃおいしい!)

このように、”Oh my god!”は色んなシーンで、ポジティブ・ネガティブ、色んな意味合いで使うことができます。日本語の「やばい」のように、イントネーションや声のトーンで使い分けができるので、便利。

そんな便利な言葉なのに、あまり使わない方が良いというなんて…どうしてなのでしょうか。

敬虔なクリスチャンにはあまり喜ばれない

“Oh my god!”を使わない方が良いのは、宗教上の理由だとされています。

god=神。アメリカをはじめとする英語圏には、キリスト教徒がたくさんいます。日曜日には家族でミサへ出かけたり、食事の前には神様にお祈りをしたり。つらいときには教会で、その気持ちを神様の前で吐露したりします。

聖書の中には、こういった一文があります。

Do not use God’s name in vain.

in vainというのは、「無駄に」という意味。
「むやみやたらに神と言う名前を口にするな」ということです。
ちなみにここでGodと頭文字が大文字になっているのは、神は唯一無二の存在であるという考え方から、固有名詞として扱われています。

なので、敬虔なクリスチャンは聖書の教えを守り、むやみに神の名前を口にしないのです。したがって、”Oh my god!”と軽はずみに言うのは、相手によっては不愉快な気持ちにさせてしまいます。

ネイティブはよく使うイメージのあるフレーズでしたが、「教養のあるネイティブは使わないね」と友人が言っていました。

Oh my godの代わりに使えるフレーズ

「楽しい!」「嬉しい!」「本当!?」「どうしよう」「腹立つ!」と、感情を表現するのに便利な”Oh my god”なのに、使わない方が良いとなると不便…。

ご安心ください!ちゃんと、代わりになるフレーズがあるんです。意味は”Oh my god!”と全く同じ。同じシチュエーションで使うことができます。

Oh my gosh.

老若男女問わず、よく使われるフレーズです。

Oh my goodness.

こちらは女性、特に年配の方が言うイメージです。「あらあら」とか「おやまあ」みたいなイメージだと理解しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は”Oh my god”は使うべきではないのか?という話、また言い換えとなるフレーズのご紹介をしました。

“Oh my god!”そのものも、敬虔なクリスチャンには失礼になることがあるというだけで、相手によっては失礼にはならないこともあります。ただ、話し相手の宗教を知らないこともありますから、”Oh my gosh!”や”Oh my goodness!”を使う方が無難ということですね。

また、”Oh my…”でなく、会話の中での感情、反応を示すフレーズを知っておくことも必要でしょう。そちらは次回、ご紹介するとします^^


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

子供英会話講師歴15年。 大手英会話教室に勤務したのち、独立し現在は大阪府豊中市・池田市でLITTLE KIDSという子供英会話教室を運営しています。めちゃくちゃ声が大きいのが特徴。 2人の男の子の母親でもあります。